英語やりなおしと日々のつれづれ

アクセスカウンタ

現在、以下のランキングに参加しています。
まったりマイペースなブログですが、よかったら応援クリックお願いします。
みんなの英会話
 奮闘記 にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

zoom RSS 観劇&感激した件

<<   作成日時 : 2017/03/01 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ロミオ&ジュリエット」観てきました!!!
梅田についてすぐ劇場窓口に直行し、チケット引き取り完了。
画像

大丈夫とわかってても、いざ手にするまではやっぱ不安でf^^;
やっぱ劇場で発券したチケットはいいですね! ←単なる自己満足

さていよいよ開演前。
↓幕に映し出されたロゴを見るだけでテンションUPです(笑)。
画像

あらすじなら大抵の方がご存知なくらい有名なお話ですが、
結構現代化されていて少々脚色がありました。
ロミオや仲間たちはケータイ持ってます(笑)。
(ジュリエットは18歳になるまでダメと言われ持っていない)
ドラッグとか大麻とか、きわどい言葉も出てきます。
ジュリエットは母親が浮気してできた子で、父親も感づいてます^^;
なんかもう、すごい設定w
でも意外とすんなり観られました。
まーロミジュリと言えば本来超古典ですもんね〜・・・
これくらい設定変えられるとかえって斬新でしたね。
では印象に残った方々の感想をば・・・

ロミオ:大野拓朗さん
育ちの良さからくる優しさと一途さを持っている。
そんな私がロミオに持つイメージとまさにぴったりでした。
なによりイケメンやしねー(´−`) (息子でも通る歳やけどねー)
以前の舞台を観て以来いつか演りたいと思っていたそうで、
その意気込みがぐいぐい迫ってくる演技。・゜・(ノД`)・゜・。
制作発表の動画を見たときは歌に難ありかなと思ったけど、
なんのなんの、かなり上達されてました。
声量はもともとあったし、音程もかなり安定してたと思います。

ジュリエット:木下晴香さん
制作発表の動画で歌を聞いて、絶対彼女を観たいと思いました。
まだ高校生とは思えないくらいの堂々とした演技&歌声。
可憐な中にも絶対ロミオと結ばれるんだという強い意志があり、
セリフから歌に移行する流れもスムーズでした。
なにより感心したのは、デュエットで相手の声を邪魔してないこと。
(そりゃ持って生まれた声質もあるとは思いますが)
大野さんの声に寄り添うように、でも小さいわけではなく。
宝塚の娘役さんで歌のうまい人は大抵これができてたんですよね。
あの年齢で意識してやってたらすごいけどなー^^;

乳母:シルビア・グラブさん
高嶋政宏さんの奥様ですね。初めて舞台でのお姿を拝見です。
いやー、さすがに圧巻の歌声。
乳母と言う設定には若すぎるかな〜と思っていたけど、
現代化された設定のおかげか、ぎりぎり違和感なく見れました(笑)。
ソロでちょっと裏声の割合が多かった気もしました。
・・・まー休演日明けとはいえお疲れも出る頃やしね^^;

キャピュレット夫人:香寿たつきさん
いやー、たーたんお久しぶりヽ(´−`)ノ
お世話してた某生徒Aと在籍時期かぶってた方ですねーw
組は違ったけどいろいろ縁あって星組公演はよく観てました。
あの頃からやけど、やっぱ歌うまいなあー。
"女性"になってどんな感じやろとある意味楽しみやったけど、
ちょっと四角な輪郭を髪型でうまくカバーしてて、キレイw
女のどろどろした感情と母としての感情が入り混じる難しい役。
ピンヒールでの熱演、妖艶でしたΣ(゚Д゚)

モンタギュー夫人:秋園美緒さん
この方もなつかしいヽ(´−`)ノ
たーたんと同じく星組にいた娘役さんで、歌激ウマやったんですよ。
ジュリエットのところで書いた、相手に寄り添う歌い方ができる人!
出番は少なかったけどさすが歌で魅せてくれました。

キャピュレット卿:岡幸二郎さん
なつかしいシリーズ続きます(笑)。
大昔「レ・ミゼラブル」で拝見した役者さん!立派になられて!(笑)
あの時は血気盛んなアンジョルラスを演じておられました。
もうお父さんを演る年代なんやねー・・・私も歳とるわけだ(-_-;)
(追記:イヤな予感がして調べてみたら同い年でしたー(−ω−))
ダメな父親であることを自覚しつつ、実の子でない娘を想う。
そんなソロには哀愁があふれていました。歌うますぎ。

ロミオの友人連中(マーキューシオ&ベンヴォーリオ)とか。
ジュリエット命やのにキャピュレット夫人とデキてるティボルトとか。
今をときめく若手役者さんたちもめっちゃうまかったです。
もちろんベテラン役者さんたちも言うまでもないですよ!
・・・ごめん、よく知らないからうまいとしか(-_-;)w

あと、「死」という存在がありまして。
序盤からロミジュリ(特にロミオ)につきまといます。
ま、若い2人の行く先を暗示してるわけですよね。・゜・(ノД`)・゜・。
セリフなし&ダンスのみやのに存在感ありあり(((( ゚ Д゚ ;)))!
暗い場面だけでなくラブラブな場面でも居たりするので、
途中からちょっと「死をさがせ!」的な気分になりましたw

ミュージカルナンバーも好みのものが多かった(´−`)
エメ」「いつか」はもちろん「世界の王」とか「ヴェローナ」とか。
初演のCDが廃盤後も値段高騰する理由がやっとわかったな〜・・・
劇場では受注生産の申し込みを受け付けてました。
これでオクで転売する人減るといいですね(゚Д゚)y─┛~~
私は大野&木下バージョンの発売を信じて買いませんでしたけど。

頼む東宝!
DVDとCD(CDだけでもいいから)出してくれー(>_<)

終演後、去りがたい気持ちで劇場内をウロウロ(笑)。
大野ロミオ宛のお花がすごかったんで思わず撮りました。
画像

吉本新喜劇の人から来るって。
お笑い好き?それとも出演経験ありΣ(゚Д゚)?
有川浩って。私の大好きな「阪急電車」書いた人ですか!
画像

そーいや「三匹のおっさん3」に出てたなΣ(゚Д゚)
大野ロミオ、テレビも結構出てるんやったなあー。
チェックしよかなー(゚Д゚)y─┛~~ ←トシ考えろーw


追記:
幕の画像をUPしてる件について。
梅田芸術劇場では上演中以外も場内撮影禁止やそうな。
昔通い倒した宝塚では上演中以外OKやったんで、
今回フツーに撮っちゃいました。・・・注意もされんかったし。
ここも上演中だけNGと思ってた・・・申し訳なかったです(-_-;)
(2ちゃんかなんかで議論になってて初めて知った始末)
公式筋から要請等あれば即削除します<(_ _)>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメントやリンク、大歓迎です。
お気軽に残してくださいませ。
(但し、不審な内容のものは即行削除します)
観劇&感激した件 英語やりなおしと日々のつれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる